So-net無料ブログ作成

自民党の基本的政策が日本を滅ぼす

安倍晋三の言う憲法論議 
憲法を変えたところで日本の若者が日本を支えない。

政治離れさせるため、あらゆるところで策を凝らし
現在国会では3分の2以上の議席を有し懐憲の最終段階に入った

現在の自民党支持者は15%ほどらしい、
投票に行かない約50%の有権者が
自民党公明党維新以外(立憲民主もやばいが)に投票すれば
徐々にではあるが、まともな政治社会にできるはず。

立憲民主の支持母体連合は労働者のためではなく
やはり経営者大企業富裕層がコントロールしている

立憲民主が連合から離れ自立できれば日本政治は変わる。

コメント(0) 

やっばり若い人は 学費と年金 この2つに、関心が集中している

学生援護会奨学金と言う名ばかりの、学生ローン
日本学生支援機構(JASSO)の貸与型奨学金は、大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)および大学院で学ぶ人を対象とした、国が実施 ... 奨学生が返還するお金は、次の世代の奨学金として使われ、先輩から後輩へとリレーされていくものです。
ーーーーーーーーーー
なんか言葉のマジックみたいやね(^^)/この文言では日本政府は関与しませんよ、金借りて知識技能を身に着けて就職し、金を返して納税もして、年金も負担しろ
カネのない奴は借金して知識技能を身に着けて、働きだしたらお国のために所得税と消費税と年金負担しなさい、その税金を安倍自民党は富裕層に差し出しますから(^_-)
ーーーーーーーーーーーー
将来日本社会の働き手と成り納税者と年金負担者になるのに
この日本教育制度を創った先人政治家社会、狂っている。

納税の義務だけ押しつけて、税制に関しては教えない
ペテン師国家日本やね。
こんな日本社会に学生たちは愛着を持つだろうか?

政治離れの原因はこれで、わざと自民党政権がしている。
コメント(0)