So-net無料ブログ作成

百田尚樹のバックには、安倍国家権力がついているのか?探偵ナイトスクープの逆バージョン

普天間基地はジャングルだったとか、窓枠落下が沖縄人の自作自演とか
うその創り話を、発信している。
普通なら日本とアメリカの信頼関係にとってマイナス、それに人々の思想の分断、 国家の混乱を招く発言をしていて、それを放置する安倍政権は 日本にとって国難
まともな国家権力なら、こういうデマうそを発言する人を、監視するだろう?
暴力団の事務所は警官が張り付いているが、
百田尚樹の事務所は警官およびマスコミは、張り付いていない。

ヒャクタ尚樹はうそデマを言うことにより、エクスタシーを感じる変体かな? うそデマ創作話をする人たちは、病気なのかもしれない? 発表することがマスターベーション、快感を得るのだろう。
だからこのような人と戦っても、批判してもだめなんだと思います。
探偵ナイトスクープの逆バージョン、うそつきを野に放って、社会を混乱させる(^_^) これだけ馬鹿なことを言っといて、自己嫌悪に陥らないのは、あほか?狂ってるか?ダイコン役者?
逆読みして、百田は日本のために、うそをつきまくってほんまもんの歴史を捻じ曲げたい日本会議のおじさんどもをさらさせているのか(^_^)
まあ安倍 晋三も、原爆投下のあとに連合軍がポツダム宣言を突きつけたと言っているし、
賢い人は、あえて批判していない馬鹿に情けをかけている(^_^)
産経新聞さん もう少し良識持てば(^_^)
昨年12月1日に沖縄自動車道を走行中の米海兵隊曹長の男性が、意識不明の重体となった人身事故で、産経新聞が「曹長は日本人運転手を救出した後に事故に遭った」という内容の記事を掲載し、救出を報じない沖縄メディアを「報道機関を名乗る資格はない」などと批判した。しかし、米海兵隊は29日までに「(曹長は)救助行為はしていない」と本紙取材に回答し、県警も「救助の事実は確認されていない」としている。産経記事の内容は米軍から否定された格好だ。県警交通機動隊によると、産経新聞は事故後一度も同隊に取材していないという。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る